1/23韓国舞踊ゲスト出演のメイク担当

金一志先生が初めて

シャペロンメイクroomに

ご来店。金剛能楽堂で

吉寿扇の会というのが

行われました。

コロナによる自粛

緊急事態宣言が発令されてる中ギリギリまで悩まれての決断とお聞きしましたが


冷たい雨の中

どこからともなく綺麗に

着物を着た若い女性や

日舞をされてるのかな物腰穏やかで上品な老夫婦等


沢山の方々が会場の少し前から来られて、客席は

一席ずつ間を開けて消毒液も置かれて対策とられてました。会場は後ろの方まで埋まっていました。


出演される魅力が

あるからこそだな、と思いましたが想像を越えた素晴らしい太鼓、琵琶、うたい、日舞、そして韓国舞踊でした。会場もとても綺麗で感動しました。


中でも日舞とは全く違う韓国舞踊の踊り、衣裳。メイクをどう表現するか⁉️


一志先生の美に対する

柔軟さ羨美眼がまた、

私もパワーをいただき相談しながらベースに艶や立体かんアイシャドウには鮮やかな黄色にブルー。

シェイプはキリリと上方に。限られた中精一杯やりました。


するとラインで「皆さんからとても綺麗なメイクといわれました。上品だと。」


目茶苦茶嬉しかったです

勿論会場、楽屋にも入らせていただき本番直前に再度メイクチェック。

イルチ先生の踊りはクッコリ舞い笑顔と3拍子が皆を元気にさせます。本当に素晴らしい舞台でした。有難うございました❗