DSC_0024_edited_edited_edited.png

鎌田顔分析®︎

顔は生まれつきだけでなく、生活習慣やコンプレックスなどによって育まれます。

顔と心と体の深い繋がりを知り、あなたの本当の美しさを育てていきましょう。

1.  六心力顔®︎

6つの顔の中であなたに似た顔はどれでしょう。

p_face_main.png
調和のとれた顔
p_face01.png
内心力顔

ないしんりきがお

パーツが真ん中に集中し、余白が大きく見える。中心に向かって力が入りやすい。(真面目な印象)

p_face02.png
上心力顔

じょうしんりきがお

額が狭く見え、あごが広く見える。額を引き上げる力が入りやすい。

(頼もしい印象)

p_face03.png
上方心力顔

じょうほうしんりきがお

目と眉がつり上がって見える。眉山を引き上げ、口にも力が入りやすい。

​(強気な印象)

p_face04.png
外心力顔

がいしんりきがお

目と目の間隔が広く、こめかみが狭く見える。口角に力が入りやすい。

(親しみやすい印象)

p_face05.png
下心力顔

かしんりきがお

額が広くあごが狭く見える。鼻や口に力が入りやすい。(幼い印象)

p_face06.png
下方心力顔

かほうしんりきがお

パーツの端が下がって見える。眉間を引き上げ、口角が下がりやすい。

(優しい印象)

2.  力分析

​あなたの顔には額・目・鼻・口のどこに一番力が入っているでしょう

​一例: 内心力顔

kaobunseki01.jpg
yajirushi01.jpg
yajirushi02.jpg

大きく見えるところ

小さく見えるところ

kaobunseki02.jpg
yajirushi03.jpg

力の入っているところ

力の入っている所は強張りがありコンプレックスも多い所。

そこは緊張により小さく見えることが多く、

くすみや乾燥などトラブルも多い所です。

気になる所なので、そこからメイクを始めがちですが、

そうすると触り方が強くなり、バランスを失いやすいです。

 

逆に力の入っていない所は大きく見えることが多く、

そこに近い所からメイクを始めることによって、

優しい手つきで触ることができバランス良く仕上がります。

3.  顔分析メイクアップ

​before

DSC_0003_edited.jpg

after

DSC_0097.JPG

​カルテ一例:写真の方、内心力顔

スキャン.jpg

まずパーツを4分割して1から順に色を置いていき、2、3、4と重ねていきます。

1は重ねるので一番強く発色します。このグラデーションにより、目の錯覚で強い色の方に動いて見えます。

 

さらに筆の方向性を意識して触るので、肌が実際に応えてくれ、顔はなりたいバランスへと変化していきます。

余計な力も抜けて、優しい表情になります。